【お知らせ】

都合によりブログの更新に手が回らないため、150話までで翻訳まとめ記事のアップは終了させて頂きます。

「Papago」や「Googleリアルタイム翻訳」などを利用することで、

韓国語もなんとなく読むことは可能ですっ。

最新話の細かい内容に興味がある方は、ぜひ、翻訳アプリなどを使いながら公式最新話を見てみてください(^^♪

今後も、俺レベ関連のニュースはまとめていこうと思いますので、よろしくお願いいたします!

 

マンガ5,6巻/ノベル1巻 限定特典付き俺レベ新刊購入はアニメイト

【完結まで一気読み可能】韓国原作小説の公式先読み方法

【126話】俺だけレベルアップな件/翻訳あらすじ速報

こんばんは!俺レベ沼はまり中のmizです!

この記事では、20/11/5にカカオページで公開された126話の翻訳を書いていきます。

ピッコマ版のみ閲覧している場合は、ネタバレを含みますので、閲覧ご注意くださいm(__)m

Kakaopageでマンガ版を先読みしているけど、細かい内容が分からないという方、ご参考にしてみて下さい(^^♪

125話 おさらい

  • カルテノン神殿で始まった石像との闘い、動きだす巨神像

\\まだ見てない方はこちらをどうぞ//

公式予告

今まで歩いてきた道。そのすべての経験を糧に、旬は悪夢のような宿敵に立ち向かう!

そんな旬の前に立ちはだかる、もう一つの【緊急クエスト】とは…!?

126話 翻訳

  • ハンター協会、後藤会長の執務室。
  • そこでは、お互い一人ずつ部下を従えた後藤会長とDFN会長のGEOが、対談を行っている。
  • 神妙な面持ちのゲオは、後藤に書面を差し出した。
  • 『架南島のルーン石の所有権を放棄するという覚書です。』
  • 「…?なぜですか?」
  • 予想外の対応を疑問に思う後藤。
  • 『代わりに、水篠旬さんを、雇用したいのです。』
  • DFN語で語られる言葉を、通訳の男性が会長に伝える。
  • 神妙な表情で聞いていた会長は、呆れたような笑みを浮かべながら答えた。
  • 「はは。残念ですが、彼はハンター協会の所属ではありません。」
  • 会長の秘書として同行したウイングが、後藤の言葉をゲオに伝える。
  • 『知っています。しかし、彼は日本ハンター協会を通じなければ、連絡も取れないでしょう。どうにかして欲しいという訳ではありません、交渉してみる機会を頂きたいんです。』
  • ゲオの言葉に、会長は書面を確認しながら、腑に落ちない表情で考える。
  • (その機会のためにこの天文学的な金額を諦めるとは…)
  • (リュージを失った今、S級ゲートを防ぐ力も無いということか。水篠ハンターの身代金を考えれば、悪くない交渉だといえるが…)
  • 考えをまとめた後藤、書類を置く。
  • 「通訳者なしに、私たち二人だけで話したいです。」
  • 『あなた…DFN語が出来たのですか?』驚きの表情を浮かべるゲオ。
  • 「幼い頃、父が日本で小さな事業をしていたので」

 

  • 通訳の二人を部屋の外に待機させ、後藤は本題に入った。
  • 「ゲオ協会長。また悪知恵を企んでいるのなら、辞めたほうが良い」
  • 『どういう意味ですか?』
  • 「抜剣ギルドを失ったという噂は聞きました。」
  • 『それをどうやって!!』
  • 立ち上がり声を荒げるゲオに、後藤は冷静に続ける。
  • 「抜剣ギルドがDFNハンター協会からの支援金を拒否し、政府支援金だけを選んだという話を聞いただけで分かる事実です。」
  • 「抜剣ギルドは元々、日本ハンター協会の手足に他ならなかった。以前はリュージを中心にS級ハンターたちを結集させることも出来たが、今はそれも大変になったはず」
  • 「抜剣ギルドが崩れたので、他のギルドたちは力比べに忙しくなったはずだろう、協会の統制力のなさをさらけ出した。そうじゃないですか?」
  • 後藤の真をついた考察に、顔が青ざめていくゲオ。
  • 「今回のS級ゲートを防げなければ…ゲオ協会長、あなたの立場は若い頃に逆戻りだ。」
  • 「意図は不純だったが、リュージも一国を代表するハンター。」
  • 「抜剣ギルドからリュージを奪った責任。自国のギルドを統制できず分立させた責任。そして…」
  • 後藤会長はおもむろに、ある一つのデータファイルを机に置き、ゲオに向かって眼光を光らせ凄む。
  • 「猿知恵を働こうとした責任。」
  • 『これは…?」後藤の言葉に、うろたえるゲオ。
  • 「あなた達の受信機に付いたブラックボックス。リュージのチームが使っていたものだ」
  • 私が… 知らないと思ったか?
  • 抑えていた怒りのオーラを放ち、鬼にような目でゲオを睨みつける後藤会長。
  • 「冗談で済む問題手はない。これが公開されれば、お前の浅知恵に国民たちも重荷を背負うことになるだろう」
  • 誤魔化しの効かない事実を叩きつけられ、ゲオの顔は真っ青で、普段の自信にあふれた表情はすっかり失われている。
  • 後藤が怒りを込めてブラックボックスを握りつぶすとともにテーブルを叩く、その衝撃で、テーブルが粉々に吹き飛んだ。
  • 後藤から放たれるオーラに圧されるゲオ。
  • 「でも、そんな残念なことをするほど、非情ではない。」
  • 「一人の行い一国を、いや、アジア全体を危機に陥れることは出来ない。」
  • 「あなたは水篠ハンターに感謝すべきでしょう」

 

  • その頃、カルテノン神殿では、壮絶な死闘が繰り広げられていた。
  • 動く石像に向かって飛び掛かった旬の拳が、石像の頭を胴体からはじき落とす。
  • (本当に果てしなく押し寄せてくるな)
  •  
  • 飛び上がったままの旬を、更に5体の無傷の石像が、追いかけてくる。
  • 微かなオーラの流れにハッとした旬が、後ろを振り返る。
  • 5体の石像の後ろで、目を輝かせる、巨大な神像。
  • (避けるにはもう遅い。それなら…)
  • 旬は右手に集中し、オーラが集まる。
  • (支配者の手!)
  • 旬が石像たちに向かって支配者の手を振りかざす。
  •  
  • 巨神像の両目から、強烈な光線が旬に向かって真っすぐ飛んでくる!
  • 旬は3体の石像を支配者の手で縛りまとめ上げ、石像たちを盾にした。
  • 石像たちに直撃する光線、石像たちの身体が熱で赤く溶ける。
  • ピコン【スキル:支配者の手が、最終形態、スキル:支配者の権能に進化しました】
  •  
  • 地面に着地し、旬は即座に横に跳ねる。
  • 即席の石像の盾が突破され、強烈な光線が、旬を掠めていった。
  • (危なかった。今の俺でも、あれを直撃したら無事じゃいられないだろう)
  • 笑みを浮かべ、旬を見下ろす巨神像。
  • (やっぱり、あいつを先に処理しなければならない!)

 

  • 旬は疾走のスキルを使い、地面を蹴り、目にもとまらぬ速さで巨神像との距離を詰める。
  • 巨神像は右足を上げ、近づく旬を踏みつけようとする、その勢いで地面が大きく破壊された。
  • 仕留めたと地面を見下ろす巨神像、しかしその右足のすぐ横で、青い光が微かに光る。
  •  
  • 再び光線を放とうとする巨神像。
  • しかし、砂埃の舞う地面から飛び上がり、駆け上ってくる旬。
  • (また光線か!)
  • (疾走に、支配者の権能を使って引き寄せられる速度を加えれば、すぐに刺客に入ることが出来る)
  • 支配者の権能!
  • スキルの力で、駆け上る軌道を変えた旬、巨神像の左肩に駆け上る。
  • 先ほどまで旬が居たところを目掛け、再び至近距離で放たれた光線。
  • (すごい力だ。小さな変化だけど、この違いは大きい!スキルアップで何倍も良くなったな。)
  • 光線を交わしながら、スキルの使い勝手の良さを感じる旬。

 

  • 両手に悪魔王の短剣を召喚し、巨神像の左肩に降り立った旬。
  • 不意を突かれた巨神像が、旬の姿を捕えた瞬間…
  • (乱刀!!)
  • 旬はスキルを使い、巨神像の頭部を細かく切りつける!
  • しかし、巨神像に大きなダメージは無く、ニヤリと旬を見下ろした。
  • (ある程度の物なら全部切れた悪魔王の短剣でも、傷が付くだけだなんて…)
  • (切れないなら、壊そう!あの亀裂を狙えばよい!)
  • 旬は巨神像の顔面に向かって飛び掛かる。
  • 先ほどの乱刀で巨神像の左頬に付いた大きな亀裂に左手をかける旬。
  • そして右手に力を込め、力いっぱいに巨神像の頬を殴りつける!
  • 「そろそろ壊れろ!」
  • 殴られた巨神像の頬は、大きく窪んだ。

 

  • 宙に舞いその様子を眺め続ける6枚羽の天使。
  • 『私の自信作を、あのようにするとはな。』
  •  
  • 旬は続けざまに、全力の拳を何度も巨神像の顔に向かって打ち付ける。
  • (103レベルの力を全部注ぎ込んでやる!)
  • 凄まじい衝撃が巨神像を襲い、ついに巨神像がバランスを崩した。
  • 顔の反面を崩された巨神像はそのまま倒れこみ、その衝撃で地面が大きく沈み込んで砕ける。
  •  
  • 地面に着地した旬。
  • 武器を持った石像たちは、旬に一斉に襲い掛かる。
  • 【スキル:支配者の権能を使用します】
  • 旬は石像たちに、開いた左手を向ける。
  • 旬のスキルにより、旬に向かってきた3体の石像たちは、そのまま地面にひれ伏し、めり込まされた。
  •  
  • 静かになった一帯には、旬に破壊された石像たちが倒れている。
  • (今日の戦いで一段と強くなったようだ)旬はグッと拳を握る。

 

  • 『素晴らしい』
  • 6枚羽の天使像は、両手を叩きながら、旬を褒めた。
  • 「約束は守れ」
  • 『ハハハ、試験は終わっていない。ここ、私がいるだろう?』
  • ニタニタと笑う6枚羽の天使像、その表面を覆っていた石の膜が、パラパラと剥がれだす。
  •  
  • ピコン【緊急クエストが発生しました】
  •  
  • 『私が最後の試練だ』
  •  
  • 【決まった時間内に敵を倒すことが出来ないと、あなたの心臓は停止します。残り時間:10分】
  •  
  • 「お前は一体何者だ」
  •  
  • 【残り時間:9分58秒】
  •  
  • 【その質問は愚問と言ったはずだが。うん、答えてあげよう】
  • 【僕なのかな?】
  •  
  • 『私がシステムの設計者だ』
  • 【私がシステムの設計者だ】
  •  
  • 『満足できる答えになっただろうか』
  • 【満足できる答えになっただろうか】
  •  
  • 天使像の声と重なり響く、システムの声。

感想

ギャーーーーーーーー!!!

かっこいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!(再び)

旬の戦闘シーンがむちゃんこかっこいい…

光線をバックにスキルの性能の良さ考えてる旬の横顔…最高なのだが…

 

そして思ったよりも、話の展開が早いです!笑

忌々しい巨神像…1話で倒されちゃった…笑

最初はどうやって戦えば良いのかすらも分からなかった巨神像に、ここまで立ち向かうことが出来るようになった旬。

全く臆することなく、冷静に巨神像を倒した旬の成長、本当に胸が熱くなりますね!!!

 

そして前半の、後藤会長とゲオの、対談シーン。

ここカットされるのかと思いました。笑

遅れて入ってきましたね、ゲオをコテンパンにする後藤会頭、かっこいい!!

でもさ…机は壊さなくても良かったと思う…!!笑

 

システムの設計者が、まさかの最初から登場していた天使像だったことが、今回明かされました。

システムの声と、天使像の声が被ってる~!

きっとめちゃめちゃ強い、システム設計者との闘い。

しかも制限時間は10分、時間内に倒せなければ旬は死んでしまう。

次回もめっちゃ楽しみです!!!!

 

※カカオページは韓国アプリですが、ダウンロード可能です。イベント配布で貰えるコインでも、俺レベ最新話を読むことが可能です。

※先読みせずに楽しんでいる方も多くいらっしゃいますので、ツイートで共有いただく際は、【#俺レベ韓国先読み】のタグ付けをして頂けますと、助かります。

 

\試し読み&まとめ買いにオススメ/

〇無料漫画が3,000作品以上!〇

〇試し読みのページ数が多い!〇

どの作品でも最大50%のポイント還元が嬉しい!!〇

★まんが王国で無料マンガをチェック★

\俺レベ好きに勧めたい読み放題サービス/

月額760円(税抜)なので課金しすぎず楽しめる

〇俺レベの出版をしている角川文庫さん直営の電子書籍ストア〇

〇マンガ誌70冊以上、マンガ単行本15,000冊以上〇

取り扱い作品が多く、俺レベ好きな読者さんの好きな作品が多いのが特徴です(^^♪

広告に邪魔されずマンガを楽しみたい

そんな方は公式ページでチェックしてみてくださいね(^^♪

BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス

コミック5~6巻 予約受付中☆彡 小説版も新登場☆彡

\コミック1~6巻まで販売中/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です