【お知らせ】

都合によりブログの更新に手が回らないため、150話までで翻訳まとめ記事のアップは終了させて頂きます。

「Papago」や「Googleリアルタイム翻訳」などを利用することで、

韓国語もなんとなく読むことは可能ですっ。

最新話の細かい内容に興味がある方は、ぜひ、翻訳アプリなどを使いながら公式最新話を見てみてください(^^♪

今後も、俺レベ関連のニュースはまとめていこうと思いますので、よろしくお願いいたします!

 

マンガ5,6巻/ノベル1巻 限定特典付き俺レベ新刊購入はアニメイト

【完結まで一気読み可能】韓国原作小説の公式先読み方法

【135話】俺だけレベルアップな件/翻訳あらすじ速報

こんばんは!俺レベ沼はまり中のmizです!

この記事では、20/1/14にカカオページで公開された135話の翻訳を、絵バレ無しで紹介します。

ピッコマ版のみ閲覧している場合は、ネタバレを含みますので、閲覧ご注意くださいm(__)m

Kakaopageでマンガ版を先読みしているけど、細かい内容が分からないという方、ご参考にしてみて下さい(^^♪

134話 おさらい

  • 逃げ遅れて巨人に襲われそうになる人々を、颯爽と助ける旬と賢太!

\\まだ見てない方はこちらをどうぞ//

公式予告

荒廃した街を、縦横無尽に闊歩して、駆け抜ける無敵の旬と影の軍団。

この街の風景、旬には見覚えが…?

135話 翻訳

驚異の力に驚く、DFNハンター協会のゲオ

  • DFNハンター指令室にて。
  • 全国各地のモニターを確認する複数の職員達から、続々と、各地が復興したとの報告が上がる。

 

  • これまで数多のハンターに会ってきたゲオは、旬と空港で初めて会った時、旬から感じられるその比類なき力に驚いた
  • 空港で旬を出迎えたゲオは、「南下する巨人を抑えるべく、南の大都市を守ることを優先して欲しい」と旬に懇願した。
  • いくら旬であれ、すべての巨人を倒すことは出来ないだろう、旬が巨人を食い止めている間に、他国にも協力要請をしようとしたのだ。
  • 「お断りします」という、予想外の旬の答えに、DFNの面々は愕然とする。

 

  • しかし。
  • 結果、旬はただ一人ですべての巨人を制圧していった。
  • 予想を超える旬の力に、半ば恐怖とも取れる顔をするゲオ。

 

対巨人 DFNでの戦闘状況

  • 旬は悩んでいた。新たに仲間になった影巨人たちの名前を。
  • 迷った末、順番に、1号~6号と名付ける旬。
  • (影交換で各地を回って、影の兵士を作ろう)
  • 旬は賢太に野営の準備を託し、次の戦闘の準備に取り掛かる。
  • これまでは簡単だったが、まだ始まったばかりと、気を引き締める旬。

 

  • DFNの各地に送られた影の兵士は、各地で奮闘するハンターたちと共に、巨人を制圧していった。
  • 巨人は倒されるが、旬のマナが残る限り、影の兵士は再生する。
  • 問題は、今回のダンジョンブレイクをきっかけに、国中でダンジョンブレイクが増えていること。
  • 下級モンスターが巨人と共に都市を占拠していくので、避難と討伐を同時に進める必要があった。

 

  • ダンジョンブレイクから7日。
  • 荒廃する都市を歩く賢太と旬は、ただ一人でDFNの首都に残ったウイングと、合流した。
  • 計り知れない被害を受けた首都を中心に、巨人は国中に進軍した。
  • 集まったSランクハンターは、旬を含め16人。DFN6人、中国2人、カナダ3人、インド2人、ロシア1人、イギリス1人。
  • しかし、群れを成し移動する巨人の討伐はAランクゲートより難しく、被害は大きかった。

 

  • (Sランクが3人、Aランクはもっと死んでいるだろう)ウイングの報告を神妙に聞く旬。
  • 全部で31体もの巨人、そのほとんどに対処した旬に、お礼を言うウイング。
  • 「分かりました。あとは奴だけですね。」
  • そう言って、旬は首都中心、ゲートの前に座る超大型巨人を見据える。

 

  • 荒廃した街を改めて眺める旬は、その光景が、燃え盛る悪魔城と似ていることに気が付いた。
  • 設計者は自分に何か伝えようとしたのか、設計者は本当に消えたのか考えるも、答えは出ない。
  • 悪魔城の光景がこの国の未来の姿だとしても、旬は、自らの力でそれを阻止しようと、拳に力を込める。
  • (俺はもっと強くなるためにきたんだ、もう力なきものとして、振り回されたくはない)

 

  • 「みんな来たので行きましょう」
  • 旬が告げるも、ウイングはまだ他のハンターたちは到着していないと、戸惑う。
  • 「いいえ、みんな揃っています」

 

DFN内のとある都市

  • 巨人に刀を差し、座り込んで悪態をつく、カナ。
  • 無事に済んだことを良かったというルノー。
  • 二人が苦闘した巨人たちを倒し、超大型巨人が残る東京へと向かった影の兵士たち。
  • タンクたちが倒した巨人の背に乗り、自分たちの無力さを悔しがるカナ。

 

場面は再び旬のもとへ

  • 旬の周りには、気付けば、静かに多くの影の兵士たちが君主の指示を待ち集まっていた。
  • その数とパワーに、圧倒されるウイング。
  • 崩れたビルの上に立つ一般兵たちと、旬の後ろに膝をつく、イグリット、アイアン、キバ、タンク、ガーナ。
  • そこに少し遅れて、上空からベルが、旬の背後に降り立った。
  • 「みんな集まったな、良い仕事だった」
  • 後ろを振り返り、影たちに言葉をかける旬。(サイコウ…‼)

 

  • 「それじゃあ、出てこい」
  • 旬の声を受け、10体を超える巨人の影の兵士も、姿を現す。
  • 「俺の兵士たち!行け!」
  • 超大型巨人に討伐に向け、旬は兵士たちの指揮をとった。

 

感想/考察

マンガ111話、アメリカのダンジョンに現れたヨグムントのセリフ。

「そこからもう少し南の地に、支配者たちがレギアを放つつもりのようだ」

このセリフは、今のDFNに放たれた、巨人たちのことでしょうか。

『人間たちを殺せ』というモンスターの頭に響く声は、巨人にも、他のモンスター達にも、等しく聞こえているのでしょう。

巨人たちが、他のダンジョンブレイクしたゲートから現れたモンスターとも、協力して都市を占拠していっているのも印象的。

モンスターを地球に放つ支配者は、人間たちを皆殺しにしようとしているのか。

そもそも支配者と設計者との関係は?ヨグムント達は何なのか?

ヨグムント達と敵対する旬の父親は、いったい何のか?

様々な伏線が複雑に絡まってきますが、まだ、真相は分かりません。

 

そして、今回、カナさんの悔しそうな姿も印象的でしたね。

まず、生き残っていて良かった!!!

それでも、旬の持つ召喚獣達にすら及ばなかった自分の実力に、すごく悔しい思いをしたんでしょうね。

S級ハンターとして国を守ってきたからこそのプライド。

カナさんが座ってた巨人は、背中に大きな傷がいくつもあったから、おそらくタンク達が倒した巨人。

「自分たちが東京に向かって何が出来るのか」

自分の故郷が破壊されていくのに、ほとんど何も出来なかった歯がゆさを感じます。

 

改めて、31体もの大型巨人の進軍を食い止めた、旬の実力の凄さ。

ゲオが驚くのも無理はない。

旬を除く、15人のハンターが立ち向かっても、どうすることも出来なかった惨状です。

まさに救世主…!!!!!

 

いやもう、最後の、影の兵士たちの指揮を執るとこ、かっこよすぎん???

今回も最高に面白かったです!!!!!!!!!!!!!!

※海賊版サイトでの閲覧は、ウイルス感染や個人情報の抜き取り詐欺など、多くのリスクがあります。

※先読みをしたい場合は、カカオページ、TappyToon、快看など、公式アプリを利用しましょう。

※公式のカカオページは韓国アプリですが、ダウンロード可能です。イベント配布で貰えるコインでも、俺レベ最新話を読むことが可能です。

※先読みせずに楽しんでいる方も多くいらっしゃいますので、ツイートで共有いただく際は、【#俺レベ韓国先読み】のタグ付けをして頂けますと、助かります。

 

\試し読み&まとめ買いにオススメ/

〇無料漫画が3,000作品以上!〇

〇試し読みのページ数が多い!〇

どの作品でも最大50%のポイント還元が嬉しい!!〇

★まんが王国で無料マンガをチェック★

\俺レベ好きに勧めたい読み放題サービス/

月額760円(税抜)なので課金しすぎず楽しめる

〇俺レベの出版をしている角川文庫さん直営の電子書籍ストア〇

〇マンガ誌70冊以上、マンガ単行本15,000冊以上〇

取り扱い作品が多く、俺レベ好きな読者さんの好きな作品が多いのが特徴です(^^♪

広告に邪魔されずマンガを楽しみたい

そんな方は公式ページでチェックしてみてくださいね(^^♪

BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス

コミック5~6巻 予約受付中☆彡 小説版も新登場☆彡

\コミック1~6巻まで販売中/

 

2 件のコメント

  • あけましておめでとうございます。
    今年も楽しみに見させていただいております。

    今回の最後の方でmizさんの心の声が駄々洩れになってるの見て笑ってしまったのと、今回は影の兵士たちのカッコよさが際立った回で読んでて鳥肌が立ちましたね。

    • 翔さん、あけましておめでとうございます♪

      シーズン2に入って、色々バージョンアップし、心の声が止まりません笑

      影の兵士も、本当にかっこよくて!!

      みんなの見せ場を作るところも、作者様の各キャラへの愛を感じます♪

  • へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です