【136話】俺だけレベルアップな件/翻訳あらすじ速報

こんばんは!俺レベ沼はまり中のmizです!

この記事では、20/1/21にカカオページで公開された136話の翻訳を、絵バレ無しで紹介します。

ピッコマ版のみ閲覧している場合は、ネタバレを含みますので、閲覧ご注意くださいm(__)m

Kakaopageでマンガ版を先読みしているけど、細かい内容が分からないという方、ご参考にしてみて下さい(^^♪

135話 おさらい

  • DFN中の巨人を倒し、総力戦でいざ超大型巨人のもとへ!

\\まだ見てない方はこちらをどうぞ//

公式予告

最後の巨人を相手に、総力を尽くす影の兵士たち。しかし、その攻撃は全く通じない…!

旬は巨人の弱点を探る!

136話 翻訳

いざ始まる、大型巨人との戦い

  • 「進め!」
  • 旬の合図で、雄たけびを上げるベル。
  • 街を埋め尽くすおびただしい数の影の軍団が、1体の巨人に向かい、一斉に攻撃に向かう。
  •  
  • じっと座ってゲートを守っていた大型巨人。
  • 影の軍団の接近に、その目は怪しく光る。
  •  
  • 旬が異変を察知したその瞬間…!
  • その巨体からは考えられないスピードで、大剣を振るいながら前へ踏み込んだ巨人が、影の軍団を割るように蹂躙した。
  •  
  • やはり簡単にはいかないと、険しい顔で戦況を見つめる旬。
  • (恐ろしい威力だ。たったひと振りで100体以上が消えた。)
  •  
  • あまりにも巨大な生命体。
  • 奴から流れ出る凶悪な魔力に、この場から早く逃げ去りたい気さえした。
  • 不愉快だった。
  • どうしてあんなものが存在できるのか。
  • この不快感をなくすには、二つの方法がある。
  •  
  • 不快の原因から逃げて忘れて生きること。
  • その原因を根絶すること。
  •  
  • 大剣を振り下ろした大型巨人の前に、大型巨人と並ぶ大きさに巨大化したキバが、立ちふさがる。
  • 山に穴を空けるほどの威力のキバの火炎が、大型巨人に向けられる。
  • 同時に、影の巨人が後ろから斧を振りかぶり、挟み撃ちを狙う。
  •  
  • だがしかし。
  • 巨人は左手でキバの火炎攻撃を軽く払い、右手で大剣を振るい、2体を胴体を真っ二つにして返り討ちにした。
  •  
  • アリたちが大型巨人の足に噛みつくも、ダメージはなく、蹴散らされていく。

 

影の軍団を蹂躙していく大型巨人に、旬はどうする…?

  • キシャァァァ‼ ベルが怒りの雄たけびを上げる。
  • 「まだだ」
  • しかし、旬は荒ぶるベルの前に手をかざし、今にも飛び立とうつするベルを制止した。
  • 旬は、ベルとイグリットとともに戦況を見つめ、大型巨人にどう立ち向かうかを考えていた。
  •  
  • (この程度は予想していた)
  • (マナも十分残っている。あいつの弱点を探すためには、もう少し耐えなければならない)
  • 大型巨人の攻撃の度に何百という影が倒され、10万を超えるMPが、数千、一万と、激しく消費されていく。
  •  
  • (魔力がまるで鉄板のように張り巡らされている)
  • (そのためかあいつは防御をしない。それくらい自信があるんだな。)
  • (だけど… やつが一度だけ攻撃を防いだことがある。)
  •  
  • キバの火炎が顔面に直撃しようとしたとき。
  • 大型巨人はその攻撃を防いでいた。

 

弱点が見えた。旬の攻撃が始まる!

  • 「カイセル」
  • 旬の呼び声に、黒く大きな翼が、旬の足元からフワリと現れる。
  • 「行くぞ!」
  • 我先にと飛び立つベル。
  • カイセルはその背にイグリットを乗せ、大型巨人に向かい飛び立った。
  •  
  • 一瞬で大型巨人との間合いを詰めたベルが、その顔面に向かい、高スピードで突進する。
  • しかし、寸でのところで見切られ、大型巨人は体を右にひねってその攻撃を避けた。
  •  
  • 続けざまに、カイセルに乗るイグリットが、電撃を帯びた悪魔王のロングソードを天に掲げる。
  • 凄まじい電流とともに、ロングソードが振り下ろされ、電撃が大型巨人の顔を襲う!
  • しかし大型巨人は上半身を大きく後ろに逸らし、その攻撃もかわした。
  •  
  • (やっぱり!)
  • 2度の顔への攻撃を避けたことを、旬は見届ける。
  •  
  • イグリットの電撃を避けながら、大型巨人はイグリットと旬に向かい、大剣を振るう。
  • 二人を乗せていたカイセルの影が消滅し、ニヤリと笑う大型巨人。
  • しかし。
  • 巨人の腕に飛び移り、巨人の腕を駆け上るイグリット。
  • 至近距離から再び、イグリットの電撃が、大型巨人の顔面に向かって放たれた。
  • 大型巨人はその手で攻撃を防ぐも、眩い閃光に、一時視界が奪われる。
  •  
  • その隙をつき、悪魔王の短剣を持った旬が、素早く巨人の左目を切りつけた。
  • グァァァァ‼
  • 叫び声をあげる大型巨人。

連係プレーにより決まる一撃。旬のターンが始まる。

  • (よし!)
  • 確かな手ごたえを感じ、大型巨人の左肩に着地しながら、ニヤリと笑う旬。
  •  
  • 続いてベルが、その鋭い爪をつきたてながら、巨人の顔面をさらに傷つける。
  •  
  • (支配者の権限)
  • 両手に短剣を持ち、身震いするような殺気を放ちながら構える旬の背後に、さらに3本の短剣が呼び出される。
  •  
  • 旬,ベル,イグリット、最強の3人の攻撃が、大型巨人の顔面を容赦なく切りつけていく。
  •  
  •  
  • 押される大型巨人の様子を、賢太とウイングは、離れたところから見守っていた。
  • 「これは1ハンターとモンスターの戦いではないですね…」
  • 「兄さん!」
  • あまりにも強力な旬の強さに圧倒されるウイングに対し、賢太は心配しつつも誇らしげな表情で戦況を見ていた。
  •  
  •  
  • 旬達の攻撃を受けた大型巨人の目元には、無数の傷がついている。
  • 「乱刀!」
  • 5本の短剣を構える旬は、ダメージを受けた巨人を見据える。
  • そして、大型巨人の左の眼球へ、5本の短剣で乱刀を繰り出す。
  •  
  • ギャァァァ!!
  • 大型巨人の悲鳴と共に、その左目から、紫色の血しぶきが飛んだ。
  •  
  • 「ベル!」
  • 返り血を全身に浴びながら、旬が叫ぶ。
  •  
  • 「主君の意のままに!」
  • 旬の声を受け、ベルは迷うことなく、旬が切り裂いた左目から大型巨人の目の中に飛び込んだ。
  •  
  • 続けて旬も、スキル乱刀を連発し、絶え間なく大型巨人に攻撃をする。
  • 頭部の中からはベルが、その中身を切り裂き、内側からも破壊されていく大型巨人。
  •  
  • ゴフッ
  • 口から紫色の血を吐き、ドォォンを地響きをたて、大型巨人はついに膝から崩れ落ちた。
  •  
  • 【敵を倒しました!】

読書中メモ(変態注意)

  • 1p この指示を出す姿!!!かっこよすぎる!!!!!!1pからテンション上がる!!!!!!
  • 2p 先頭ベルの雄叫び✨
  • 8p 巨人1号~、でかいから存在感すごい。みんなが小さいよ~😂
  • 15p 改めて影の軍団の数、すごい…!
  • 17p 超大型巨人に向かう影たち!!!
  • 19p 突撃の行方を見守る旬!斜め下アングルの真剣な顏!好き!
  • 23p 沈黙の超大型巨人、ついに動くか…!?
  • 25p 異変察知する旬!鋭い!
  • 30p あの巨体でこのスピードでの攻撃はヤバイ…!!!!!!
  • 35p 横顔がきれい…焦りを帯びた真剣な顏…
  • 39p キバっ!頑張れっ!(すぐやられるフラグ感)
  • 42p 超大型巨人サイズにまで巨体化しとる!至近距離での強力な火炎!
  • 48p なんとぉぉ!!タッグプレー!!!後ろからは巨人〇号が攻撃を仕掛けている!!!
  • 51p え!!!!手で止めた!!!!!!フラグ回収ぅぅぅぅ!!!!!
  • 57p やば、地味に食べられてくの痛そう… そしてほんとのアリみたいなサイズ感…
  • 62p ベルが怒ったーーーーーー!!!!!
  • 64p 手!!!!旬の手!!!!旬の待て!!!!!
  • 66p え、距離感近!!!!ちょ、3人で待ってたの?????側近サイコーーーーーー!!!!!!
  • 68p オーラがピンク…ドゥフフ…ベルもイグもいるからね…🤤チガウソウジャナイ
  • 73p MPの減りがえげつなそう
  • 79p 身体も堅そうだな、みんなの攻撃、全然効いてなさそう、MP削られるばかり
  • 86p この翼は!!!来た!!!!!カイセル待ってたよーーーーーー!!!!!
  • 90p えええええ!!!!旬が乗るんじゃないの!!!!!笑
  • 96p ベルが刺さった!!!!?????笑
  • 98p ヒュッ やば、カイセルに乗って剣を掲げるイグやば、かっこよすぎ
  • 101p 主君の剣で戦うイグ~~~~!!!!
  • 104p うおっ、剣筋、避けられたっ!!!!
  • 107p いや、動きの機敏さ、ヤバいな。このサイズで。
  • 111p !!!!!!!イグリットの影に!!!!!隠れて乗ってる!!!!!旬!!!!!!!デートやん!!!!!!!!!(攻撃への心配ゼロ)
  • 118p さすがイグ!!!!巨人の攻撃を交わして、腕を駆け上がる!!!!
  • 125p 至近距離からの一撃が顔面直撃!!目を狙ったぁぁぁぁぁ!!!!!!ヒットォォォォォォ!!!!!
  • 127p あ”ぁぁぁぁぁぁ!!!! 閃光の中から飛び出る旬ぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!
  • 129p 巨人の顔面を切りつける旬!!!!イグとの連携プレー最高!!!!
  • 135p さらに来た!!!ベル!!!!
  • 140p やば、かっこよさやば、2刀流+3刀
  • 143p 主力の攻撃に押され始める超大型巨人!!!!
  • 149p 離れたところで見守る、賢太とウイング。心配そうな面持ちのウイングに対し、旬を信じる賢太の顔!!!
  • 152p 顔面、目、弱いところを攻撃!
  • 158p いや、マジでカッコよすぎる
  • 162p ついに片目をしとめた!!!!
  • 167p ヒュッ 目の中…!ベル!飛び込んだ!
  • 173p 体内からと、外からの攻撃…えぐい… 
  • 176p 息も絶え絶え、血を吐く巨人
  • 181p ダウゥゥゥゥゥッゥン!!!!!!

 

感想/考察

いやぁ、凄まじい!!!

大型巨人、めっちゃ強かったですね!しかし速攻倒されましたね!笑

最後のベル…体内に潜るの…えぐいですね😂

 

ノベル129話を見ると、今の影の兵士の数、【影の保管590 抽出1300】なんですよ。

もっといっぱいいるように見える🤤

多分、巨人倒しながらレベル上がって、もうちょい増えてそうですよね。

あと、今の旬の状態ですらめちゃめちゃ多いけど、それを上回る影を従えていた影の君主、改めてすっごい強い。

 

そして前回出てこなかったカイセル。

待ってました!!!最高の見せ場が!!!ありましたね!!!

いや、もう、旬とイグがカイセルに乗って飛び立ってるの、最高じゃないですか???

あれ、ベルは絶対嫉妬するな。

いや、もう、イグのカッコよさがヤバイです。

旬のカッコよさは頂上突破です。

俺レベ更新日は幸せです!!!!!!!

 

さて来週、大型巨人は仲間になるのか。ゲートの中はどうなっているのか。

楽しみですね(^^)/

 

※海賊版サイトでの閲覧は、ウイルス感染や個人情報の抜き取り詐欺など、多くのリスクがあります。

※先読みをしたい場合は、カカオページ、TappyToon、快看など、公式アプリを利用しましょう。

※公式のカカオページは韓国アプリですが、ダウンロード可能です。イベント配布で貰えるコインでも、俺レベ最新話を読むことが可能です。

※先読みせずに楽しんでいる方も多くいらっしゃいますので、ツイートで共有いただく際は、【#俺レベ韓国先読み】のタグ付けをして頂けますと、助かります。

 

\試し読み&まとめ買いにオススメ/

〇無料漫画が3,000作品以上!〇

〇試し読みのページ数が多い!〇

どの作品でも最大50%のポイント還元が嬉しい!!〇

★まんが王国で無料マンガをチェック★

 

\人気作品を超お得にまとめ買いするならココ/

2000冊を越える無料マンガ

人気作品が最大50%割引で全巻買えるキャンペーンは激熱!〇

〇Yahooプレミアム会員は毎週金曜最大20%ポイント還元(^^♪〇

★ebookjapanでお得セールをチェック★

\俺レベ好きに勧めたい読み放題サービス/

月額760円(税抜)なので課金しすぎず楽しめる

〇俺レベの出版をしている角川文庫さん直営の電子書籍ストア〇

〇マンガ誌70冊以上、マンガ単行本15,000冊以上〇

取り扱い作品が多く、俺レベ好きな読者さんの好きな作品が多いのが特徴です(^^♪

広告に邪魔されずマンガを楽しみたい

そんな方は公式ページでチェックしてみてくださいね(^^♪

BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス

コミック5~6巻 予約受付中☆彡 小説版も新登場☆彡

コミック5~6巻 予約受付中☆彡 小説版も新登場☆彡

\予約販売中/

\販売中/

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です